沖縄空手

基本の稽古徹底、空手通して「人生の哲学を」 道場名に込めた願い

2018年10月8日 10:00有料

 沖縄県南城市大里にある琉球古武道哲心館は、館長の玉寄英美範士十段(69)の自宅2階にある。池間島出身の玉寄氏は16歳で沖縄本島に渡り、島正雄氏の下で空手を始めた。のちに古武道を中村政友氏に師事。数年後に赤嶺栄亮氏の道場に移り、赤嶺氏が亡くなるまで学んだ。 道場は自身の稽古場として開設した。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
記事を検索