日常的に医療的なケアが必要な子ども(医療的ケア児)がいる家庭の孤立を防ごうと、県が本年度から、初めて実数把握に取り組む。新生児の救命医療が進歩し、助かる命が増えた一方、重い障がいやたんの吸引などの医療ケアが必要な子どもも増加。十分な障害福祉サービスを受けられず、孤立する家族も多いとみられる。