【東京】玄葉光一郎元外相(無所属の会)は14日の衆院外務委員会で、在沖米海兵隊のグアム移転と米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古の新基地建設との関係性について、「結果的にリンクしている」という菅義偉官房長官の認識について、日米合意の当事者だった立場から「間違っている」と指摘した。