子どもの貧困解消につなげようと、沖縄県内の企業で奨学金制度を立ち上げる動きが広がっている。2016年にサンエーが、オリオンビールは今年から給付型奨学金の支給を開始。卸売業のジーマは創業者が苦学した経験から「平等に学べる環境づくりに貢献する」と1993年から支援を続ける。