学術雑誌に掲載された有料論文を無料でダウンロードできる海賊版サイトで昨年、日本国内の約35万の端末からアクセスがあり、延べ127万件の論文がダウンロードされていたことが、琉球大などの解析で明らかになった。