交通系ICカード「オキカ」を発行する沖縄ICカードとNTTドコモ、オリックス自動車は13日、カーシェアリングの利用を促進する取り組みを始めたと発表した。ドコモのアプリから予約したオリックスの車をオキカで「開錠」し、利用できる。

OKICAを使ったカーシェア利用の流れ

 オリックスは県内21拠点に車40台を配置しており、「公共交通とカーシェアリングの組み合わせで、県内在住者をはじめ、観光や出張で沖縄を訪れる人の移動を促進する」としている。

 利用者は、車の検索・予約ができるドコモのサービス「dカーシェア」に会員登録し、サポートセンターに電話してオキカと連携させる手続きが必要。車両の読み取り機にオキカをかざせば登録が完了し、利用できる。

 2019年3月末までの間に登録すると、「dカーシェア」で使える千円分のクーポンをプレゼントする。