沖縄都市モノレールと県内のバス事業者4社は25日、県庁で記者会見し、モノレールとバスの共通IC乗車券の運営会社「沖縄ICカード」を設立したと発表した。沖縄都市モノレール社長の仲吉良次氏が社長に就任した。  県内初の交通系ICカードで、県内だけで使用できる独立システム。