恩納村のOkinawa Spa Resort EXES(沖縄スパリゾート・エグゼス、全90室)が、ホテル業界のアカデミー賞と呼ばれる「ワールド ラグジュアリー ホテル アワード2018」の「ラグジュアリー ハネムーン ホテル」部門で、最高賞のグローバル賞を受賞した。同部門の最高賞受賞は国内初という。10日、インドネシアのバリ島であった授賞式で発表された。

国内初のグローバル賞を受賞した、沖縄スパリゾート・エグゼスの玉城総支配人(右)と鈴木アラディン誠さん(同社提供)=10日、インドネシア

 アワードは、旅行や観光業界の専門家、コンサルタント、旅行会社、旅行客など約30万人の評価や投票に基づき、全世界のホテルを審査した。部門別に世界180ホテルを表彰した。

 エグゼスはハネムーンやプロポーズなど宿泊客の記念日に、花火の打ち上げや花びらを浮かべたプールでの出迎えなどのサプライズ演出を宿泊客とともに企画するサービスが好評となっている。

 15日、同ホテルの玉城智司総支配人らが受賞の報告のため沖縄タイムス社を訪れ、「名誉ある賞の重みをしっかり受け止め、これからもお客さまを感動させる高品質なサービスを追求したい」とあいさつした。