沖縄タイムス+プラス ニュース

朝6時に発砲音、住民驚き苦情 航空自衛隊那覇基地の警備訓練で

2018年11月16日 08:38

 航空自衛隊那覇基地が15日早朝、基地内で空包を使った警備訓練を実施し、音に驚いた地域住民から苦情や問い合わせが同基地や県警などに数件寄せられた。同基地は「県、那覇市、豊見城市、糸満市には事前に訓練の連絡をしていたが、地元住民まで伝わっていなかった。今後は、地元住民への周知も検討したい」と話している。

 同基地によると、警備訓練は14、15日にあった。年1回実施しているもので、空包を使った訓練は15日午前6時ごろに行われた。今回の訓練について「全国規模の早朝の訓練で、毎年、訓練の時間帯は異なる。今回は普段より多く空包を使った」と話した。

 「パン、と乾いた音で目が覚めた」という那覇市赤嶺の60代男性は「外をのぞいたら、寝そべってほふく前進している隊員も見えた。こんな朝早くは迷惑」と話した。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS