米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた埋め立て申請をめぐり、稲嶺進名護市長は27日、県庁に川上好久副知事を訪ね、辺野古移設に反対し、仲井真弘多知事に申請不承認を求める市長意見を手渡した。稲嶺氏は「市民の思いを真摯(しんし)に受け止め、適切な判断をしてほしい」と求めた。