沖縄県内建設業大手の屋部土建を中核とする持ち株会社ゆがふホールディングス(名護市、前田裕継CEO)は16日、浦添市港川にオフィスとホテルが入居する17階建て高層ビルを建設する計画を発表した。土地約1・4ヘクタールは取得済みで、総工費は70億円、2021年11月の開業を見込む。

港川タワービルの完成予想図(ゆがふホールディングス提供)

 2~8階のオフィス階は屋部土建の浦添本社が移転するほか、県内外の企業を誘致する。9~17階ではグループの前田産業が客室数120室のシティーリゾートホテルを運営する。同社のホテルは5件目で、中南部では初めて。

 入居企業の従業員確保策も兼ねて、750台以上の駐車場と保育園を併設する。

 前田貴子CEO代行は「名護だけではなく県全体の発展に寄与する企業グループであることを発信するプロジェクトにしたい」と述べた。