沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍の環境浄化を地位協定が免責 将来の汚染も白紙委任 改善するには…

2018年11月17日 12:07有料

 【ジョン・ミッチェル特約通信員】米軍基地跡地の原状回復に日本国民の税金約129億円が費やされたという事実は、米軍が沖縄の環境を軽視していること、日米地位協定の不平等さという2点に改めて光を当てている。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気