明治維新を推進し、多彩な人材を輩出した「薩長土肥」の鹿児島、山口、高知、佐賀の4県知事が18日、鹿児島市にある薩摩藩主島津家の別邸「仙巌園」に集まり、人材育成などで連携強化を目指す「薩長土肥同盟」を結んだ。明治維新150年の節目に、4県で実施してきた高校生らの交流事業を今後も続けていく方針だ。

 「薩長土肥同盟」を結んだ(左から)佐賀、高知、山口、鹿児島の4県知事=18日、鹿児島市の仙巌園

 署名した盟約文で「日本は幕末・明治維新期にも匹敵する大きな変革期を迎えている」とし、英知を結集させ、地域活性化や若者の育成で相互に協力すると宣言した。(共同通信)