9秒でまるわかり!

  • 琉大発ベンチャー、豚の感染症「浮腫病」予防ワクチンを開発。国内初
  • 死亡率は50%~と高く、世界で多発。発症後は出荷不可。経営にも打撃
  • 日米で特許取得し、販売承認を申請中。経営の安定にもつなげる

 琉球大学発の創薬ベンチャー、ジェクタス・イノベーターズ(那覇市、新川武社長)は、豚の細菌感染症「浮腫病」を予防するワクチンを国内で初めて開発した。数年前に欧州で実用化されたワクチンとは異なるタイプで、独自の技術で安定量産とコスト低減を実現。