【那覇】モノレール旭橋駅周辺地区の再開発で整備された複合施設「カフーナ旭橋」で16日、イルミネーション点灯式があった。今回で7回目。10月にオープンしたOPAや新那覇バスターミナル側にも飾り付けが施され、前年の倍となる3万個の電球が夜の街を彩った。来年1月14日まで。

ツリーの形のイルミネーションを眺める来場者=16日、那覇市・カフーナ旭橋

 主催するカフーナ旭橋まちづくり協議会の大城竹智代表は「12月には県立図書館もオープンして、さらににぎわう。子どもからお年寄りまで多くの人に楽しんでもらいたい」と期待。点灯式でダンスを披露したいずみ幼児園の我那覇まこちゃん(6)は「光っていてきれい。イルカや雪だるまのイルミネーションもかわいい」と目を輝かせていた。