熊本県警は19日、熊本市西区の県立熊本西高校グラウンドで18日、硬式野球部の練習試合に打者として出ていた2年の男子部員(16)が頭部に死球を受け、19日に外傷性くも膜下出血で死亡したと明らかにした。学校によると、着用していた樹脂製ヘルメットの縁にへこみがあり、ヘルメットに球が接触した後、頭に当たった可能性もある。県警は経緯を調べる。

 硬式野球の練習試合中に生徒が死亡する事故があった熊本県立熊本西高校のグラウンド=19日午後、熊本市

 同校は今年の秋季九州大会で8強入りし、県高校野球連盟から来春の選抜大会の21世紀枠推薦を受けた。日本高野連によると、試合中の死球で高校生が死亡したのは、記録が残る1974年以降3例目という。(共同通信)