自民党県連(翁長政俊会長)は1日、那覇市内のホテルで県議と国会議員団、市町村支部長らによる総務会を開き、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を容認する新たな方針を正式に機関決定した。