自民党県連の辺野古移設容認決定を受けて、容認に反発して衆院沖縄1区支部の役員を辞任した那覇市議(14人)からは「残念だ」「選択肢を排除しないという言い回しだが、言葉遊び、カムフラージュでしかない」「県民が傾いたわけではない。(市議が)声を上げ続ける意味はある」との声が上がった。