【名護】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設問題で自民党所属の国会議員と同県連が移設容認に転じたことについて、稲嶺進名護市長は2日の定例会見で「組織の上部から言われて、公約を捨てることは背信行為であり、許されない」と批判し、県民への説明責任を果たすよう求めた。