反核や平和などの分野で優れた報道をした個人・団体に贈られる「平和・協同ジャーナリスト基金賞」の第19回受賞者が3日、発表され、沖縄タイムスで連載した「基地で働く―軍作業員の戦後」が奨励賞を受賞した。大賞の基金賞は、東京新聞の「憲法に関する一連の連載企画」が選ばれた。