沖縄県中小企業団体中央会(島袋武会長)は19日に発表した10月の業界別景況動向は、全22業種の業況判断指数(DI)がマイナス18・2で、前月から4・5ポイント改善した。台風の影響で取扱量が減少していた青果卸売業で業況が好転し、トラック運送業が持ち直した。マイナスは13カ月連続。