来夏の参院選で、社民党が仲村未央県議を比例区で擁立する方向で調整しているのは、県選出の国会議員を増やすことで、党が重視する沖縄の基地問題解決に注力する狙いがある。また、政党要件の確保に向け、党は得票数の上積みが必須で、仲村氏の知名度に期待する側面も強い。