高騰が続いていたヤギの競り価格が低下している。県内のヤギの競り取引の大半を占める南部家畜市場の4~10月の取引頭数は587頭で前年同期から横ばい。一方、平均単価が急落し、取扱高は2631万円と26・9%減少した。