飲食事業などを手掛けるユイマーケット(那覇市・大橋央貢代表)は20日、「食」を中心に日本や沖縄の魅力を発信する「琉球王国市場」を12月1日、那覇市国際通りの沖縄三越跡に開店すると発表した。コンセプトは「おいしいと楽しいを結ぶマーケット」。日本各地の物産やグルメを一同に集めた「食のテーマパーク」と銘打っている。

改装工事が進む沖縄三越跡=15日、那覇市牧志

 地下1~2階の3フロアにすしや焼き肉、ラーメンなど幅広いジャンルの50店舗が入居。マグロ解体ショーなどの実演販売にも力を入れて集客する。外国人観光客をターゲットに、フォトサービスやステージイベントなどで日本の文化を体感できるサービスも展開する。3階は常設劇場が入居予定。その他のフロアの活用も検討している。

 バンコクで百貨店運営の経験がある早野高氏を館長に迎える。大橋代表は「日本のいいものを沖縄で体感してもらいたい。那覇の中心地のさらなる活性化につなげたい」と話している。