沖縄戦で廃校となった旧県立第二高等女学校生でつくる白梅同窓会は今月、会員から募った7万3千円を戦没者遺族への遺品返還に取り組む大学生らのグループへ贈った。手弁当で遺族を訪ね歩く活動を10月の本紙報道で知ったのがきっかけで、会員は「若い人たちが沖縄戦や平和に関心を持ち、行動していることがうれしい。