沖縄県名護市辺野古の新基地建設問題で、埋め立て承認を撤回した県、取り消しの審査を国土交通相に請求した沖縄防衛局の意見が出そろった。国交相が指名した審理員を務める国交省職員が県の弁明書、防衛局の申立書を踏まえて意見書を作成し、国交相が申し立てを「認容」「棄却」「却下」するかを判断することになる。