瑞泉酒造(那覇市、佐久本学社長)は、2018年度の泡盛鑑評会(主催・沖縄国税事務所、県)で県知事賞を受賞した甕(かめ)貯蔵古酒「瑞泉」(42度・720ミリリットル)を、21日から販売する。231本限定で、1万2500円(税込み)。

2018年度泡盛鑑評会で県知事賞を獲得した甕貯蔵古酒「瑞泉」

 貯蔵する300の甕の中から、鑑評会向けに甘く重厚な香りの優れた四つの甕からブレンド。グラスに注ぐと華やかな香りが立ち、時間がたつとバニラやカラメルのような甘い香りに変化するという。

 佐久本社長らは19日、沖縄タイムス社を訪れ「職人がブレンドし、いい飲みごろに仕上がっている。置かずに匠(たくみ)の味を楽しんでほしい」と話した。

 問い合わせは同社、電話098(884)1968。