帝国データバンク沖縄支店が6日発表した11月の県内企業倒産集計は、倒産件数が前年同月に比べ5件少ない3件となり、過去1年で最少となった。負債総額は53%減の2億6千万円だった。  業種別ではサービス業2件、製造業1件。すべて販売不振による不況型倒産。