歯周病は、全身疾患にも影響を及ぼすことが最近は広く知られるようになりました。

歯の周りについた歯石が原因で歯周病になってしまった歯茎のイラスト(いらすとや)

 なかでも糖尿病においては、6番目の合併症ともいわれています。糖尿病の患者さんは、歯周病にかかっている人が多いという事実があるからです。糖尿病になると歯周病が悪化しやすく、また歯周病があると血糖コントロールが難しくなってくることが知られています。歯周病が産生する毒素により、血糖値のコントロールがうまくいかないことも分かってきました。逆に歯周病の治療をしっかり受けると血糖値が改善することも分かってきました。

 他の全身疾患について見てみます。動脈硬化では、動脈硬化を起こした血管壁から歯周病菌が検出されたとの報告が多くあります。歯周病菌は血管の動脈内膜に動脈硬化を誘導する物質を産出します。その結果、血管内に脂肪性沈着物がたまって血管壁が厚みを増し、血液の流れるスペースが狭くなり、動脈硬化が進行していきます。

 重度の歯周病の場合、歯周病菌が心臓をとりまく血管から見つかることも多く、それが誘因で動脈硬化が起こると、狭心症、心筋梗塞などの心疾患が発症しやすくなります。

 この動脈硬化を基盤として発症する脳梗塞も歯周病と関係があると考えられています。さらに最近では、誤嚥(ごえん)性肺炎の中に歯周病菌が多く見つかっています。

 また、歯周病は、妊娠中の歯茎などのトラブルにも関係しています。妊娠中は、歯茎の炎症を起こしやすく、歯周病の発症リスクが高くなります。妊婦さんが歯周病になると低体重児や早産のリスクも高まることが知られています。妊婦さんは母子手帳を持って、かかりつけ歯科医院で早めのチェックを受けることをお勧めいたします。

 歯周病が糖尿病など、全身疾患と関わりがあることを認識し、適切な食生活や運動する習慣、ストレスなどをためない生活への改善、さらにかかりつけ歯科医院での検診もお勧めいたします。(仲村将健 那覇市・大道歯科医院)