【平安名純代・米国特約記者】米国防総省が2015年に公開した歴史書で、米軍が1960年代に知花弾薬庫(現嘉手納弾薬庫)に貯蔵していた化学兵器を巡り、67年に事故が起きる可能性を懸念し、米政府内で県内移設を検討していたことが21日までに分かった。