「酒は百薬の長」とも言われ、適量なら健康に良く、1日1合程度の飲酒は善玉コレステロールを増やし、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを減らすといわれています。しかし、度を越した過剰飲酒は寿命を確実に縮めます。