Jリーグのクラブにとって、チームと運営を担うフロントは「車の両輪」だ。FC琉球はJ3参入後、度重なる社長交代による不安定な運営や経営難など負のイメージをなかなか拭えなかった。