崎元酒造所(与那国町、崎元俊男代表)は、「離島フェア」で23日、新商品の秘伝にごり泡盛「海波(かいは)」とミニボトル6種類を詰め合わせた「六重奏」を先行発売する。泡盛を観光客にも深く知ってもらおうと、22日からは自社の全50商品にQRコードを付け、スマートフォンで読み込むと泡盛の製造過程が分かるオリジナル動画を多言語で配信している。

ミニボトル6種類を詰め合わせた「六重奏」(左)と秘伝にごり泡盛の「海波」

 「海波」は、60度以上の原酒を与那国の地下水で割って初めてにごりが生まれるといい、時間がたっても沈殿しない。アルコール度数は25度。720ミリリットル入りで、離島フェア価格は税込み1200円。米の甘みが感じられるという。「六重奏」は、海波、長命草焼酎、花酒など50ミリリットル入りのミニボトルを6種類詰め合わせたもので同1300円。

 両商品とも、12月以降に県内の酒専門店や土産品店、自社サイトで販売する予定。

 QRコードは商品のジャンルごとに計5種類あり、スマートフォンをかざすといずれも崎元酒造所オリジナルの動画が見られる。日本語、中国語(簡体字)、英語で配信。12月以降は韓国語と台湾・香港語(繁体字)を加える。

 問い合わせは同酒造所、電話0980(87)2417。