海上自衛隊は22日夜、護衛艦「ちくま」が久米島の北西約130キロで高性能20ミリ機関砲の実弾21発を海中に落下させたと発表した。

 海上自衛隊佐世保地方総監部によると22日午後3時40分ごろ、機関砲に入っていた実弾を抜き取る作業をしていたところ、甲板に流入した波の影響で誤って実弾を海に落下させたという。強い衝撃で破裂する可能性もあるとして、漁船に注意を促し、網に掛かった場合などに連絡するよう呼び掛けている。同総監部によると、現場は水深約140メートルで、既に海底まで沈んだとみられるという。