岩手県の特産物をそろえた「第11回いわて盛岡デー」が22日、沖縄県内のイオン6店舗とマックスバリュ29店舗で始まった。26日までの5日間。こだわり農家のりんごや海産物、地酒などを豊富にそろえている。メイン会場のイオン具志川店では伝統工芸品の南部鉄器の展示、販売もある。

いわて盛岡デーをPRする(右から)イオン琉球の末吉康敏会長や2018ミスさんさ踊りの一戸さんら=22日、沖縄タイムス社

 うるま市と盛岡市が友好都市提携を結んでおり、23日は谷藤裕明盛岡市長が具志川店や那覇店でトップセールスを展開する。両店では特産品の抽選会もある。

 22日、2018ミスさんさ踊りの一戸艶香さんや岩手県のゆるキャラ「そばっち」らが沖縄タイムス社を訪れ、「伝統芸能である盛岡さんさ踊りを披露するほか、子どもたちが楽しめるイベントもある。ぜひ来場し、楽しんでほしい」と呼び掛けた。