ゲノム(全遺伝情報)を解析し、沖縄県民の健康維持や病気の予防対策に役立てる研究を進めている琉球大学大学院医学研究科の前田士郎教授の研究チームはこのほど、県出身者は本土と異なる遺伝的背景があり、県内でも地域ごとに遺伝的背景が異なることを明らかにした。前田教授は「島しょ圏の沖縄には独特の遺伝背景がある。詳細な解析のために、地域ごとの研究を進め、県民一人一人に合わせた予防法や治療法の開発を実現したい」と話した。

前田士郎教授の研究チームが分析した県内在住4015人のゲノム情報に基づくデータ。本島、宮古、久米島出身者で異なる集団が形成されている(前田教授提供)

琉球大学大学院医学研究科の前田士郎教授

前田士郎教授の研究チームが分析した県内在住4015人のゲノム情報に基づくデータ。本島、宮古、久米島出身者で異なる集団が形成されている(前田教授提供) 琉球大学大学院医学研究科の前田士郎教授

健康長寿の復活期待

 全国で遺伝情報の研究が進む中、同チームは県の先端医療実用化推進事業の一環で、2016年度から研究を始めた。

 遺伝情報は地域によって異なる。県民の健康維持や予防対策に役立てるためには、県民の遺伝情報を用いた研究が必要であり、これまでに、県内で同意を得た人1万人以上を対象に、健康診断などで血液や唾液試料を採取。データは匿名化した上で医療情報と合わせて蓄積し、病気の仕組みや薬の効き方などの解明につなげようと研究を進めている。

 また、人のゲノムは約30億の塩基の配列で作られ、99・7%は全人類で共通するが、研究では「SNP(スニップ)」と呼ばれる0・3%の違いに着目し、SNPのデータ4015人分を分析。沖縄本島と久米島、宮古島の在住者で地域ごとに異なる集団を形成している様子が確認された。

 さらに久米島と宮古島のデータで、祖父母の出身地を確認する出生地調査を実施。それぞれの島の出身者を抽出すると、データのばらつきが減り、よりまとまった遺伝集団になった。

 前田教授は「日本人の標準ゲノムの配列は分かっているが、沖縄の人に特化した配列はまだ判明していない」と指摘。

 さらに「病気のなりやすさや薬の効き方に遺伝子が関わっている。島しょ圏の沖縄は、比較的少ないサンプル数で病気を引き起こす新しい要因を特定できる可能性がある。研究を健康長寿の復活にもつなげたい」と期待した。