沖縄県内18の離島市町村が特産品や伝統芸能をPRする「離島フェア2018」(主催・同実行委員会)が23日、那覇市の沖縄セルラーパーク那覇で始まった。25日まで。116社が約980品目を展示販売。30回目を迎えた同フェアに、午前から多くの人が来場し、離島の味や芸能などを堪能した。

島の特産品を求め、にぎわう離島フェア=23日午前、那覇市・沖縄セルラーパーク那覇

 キャッチフレーズは「まだ見ぬ島の魅力! 島の時感! 再発見」。30回記念で、過去のフェア開催の記事展示や各離島の30年の変化を写真で紹介する今昔写真展なども開いている。

 開会式で、実行委員会委員長の外間守吉与那国町長は「離島ファンの絶大な支援で30回目を迎えた。回を重ねるごとに内容も充実し、県外の人にも広く知られたイベントとして定着し、離島地域の活性化に大きく寄与している」と話し、多くの来場を呼び掛けた。

 「離島食堂」や「美ら島居酒屋」のほか、伝統芸能や島唄ライブ、抽選会やスタンプラリーなども楽しめる。

 開場時間は午前10時~午後7時(25日は午後6時半まで)。