地場産業を創出して若者の雇用確保を狙い、スポーツイベントなどで積極的に観光客誘致に取り組む久米島。一方で、少子高齢化や人口減少に加え、年間観光入域者数も9万人前後と伸び悩み課題も多い。