沖縄国際カーニバル2018(主催・同実行委員会)のパレードには24日、再ブレーク中の「DA PUMP」ISSAさん(39)や国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている山形県新庄まつりの山車やたいも参加した。多彩な催しに例年の2倍となる約3万人の来場者でにぎわった。

パレードに参加するちゃんぶる~沖縄市大使のISSAさん(中央)=24日午後、沖縄市・コザゲート通り(下地広也撮影)

パレードに参加し、笑顔で記念撮影に応じるちゃんぶる~沖縄市大使のISSAさん=24日午後、沖縄市・コザゲート通り(下地広也撮影)

パレードを盛り上げるブラジルのサンバチーム=24日午後、沖縄市・コザゲート通り

ちゃんぶる~沖縄市大使委嘱状を桑江朝千夫市長(右)から受け取るISSAさん=24日午後、沖縄市・ミュージックタウン音市場

パレードに参加するちゃんぶる~沖縄市大使のISSAさん(中央)=24日午後、沖縄市・コザゲート通り(下地広也撮影) パレードに参加し、笑顔で記念撮影に応じるちゃんぶる~沖縄市大使のISSAさん=24日午後、沖縄市・コザゲート通り(下地広也撮影) パレードを盛り上げるブラジルのサンバチーム=24日午後、沖縄市・コザゲート通り ちゃんぶる~沖縄市大使委嘱状を桑江朝千夫市長(右)から受け取るISSAさん=24日午後、沖縄市・ミュージックタウン音市場

 ISSAさんは同日、地元沖縄市の魅力を発信する12人目の「ちゃんぷる~沖縄市大使」に就任。コザ・ミュージックタウン音楽広場であった就任式は大勢のファンであふれた。ISSAさんは「17歳で東京に行ってからもひとときもこの街を忘れたことはない。世界に発信する活動を続けたい」と抱負を語った。

 262年の歴史を持つ山車が東北以外で披露されるのは初めて。豪華絢爛けんらんな飾り付けや笛、太鼓、鐘、三味線のはやしが沿道を魅了した。

 中部広域市町村圏事務組合と山形県の最上広域市町村圏事務組合の広域提携30周年を記念。在沖山形県人会さくらんぼ会(佐藤久雄会長)の8人と、来年1月に山形県に派遣される中部地区の小学生約60人も山車を引いた。

 山形放送はパレードの様子を密着取材。アナウンサーの青山友紀さんは「おはやしに合わせて沿道でカチャーシーを踊ってくれる人がいて感激した」と話した。