24日午後6時6分ごろ、福岡発那覇行きの全日空(ANA)1081便ボーイング737が那覇空港へ着陸するための最終進入中、右主脚が下りていることを計器で確認できないギアトラブルが発生した。同便はいったん進入をやり直して午後6時45分に那覇空港事務所に緊急事態宣言を出した。その後同52分に同空港に着陸した。

那覇空港(資料写真)

 同事務所は同6時52~56分の4分間、滑走路を閉鎖し点検したが、異常はなかった。乗員乗客計84人にけがはなかった。トラブルによる機材繰りのため同日、福岡行きの午後7時55分発のANA1216便が欠航となった。ANAが詳しい原因を調べている。