ことしの県内の交通事故死亡者数が11日までに46人となり、過去最少となった前年の40人から一転、増加に転じた。2007年の道交法改正で飲酒運転の罰則強化がされて以降、飲酒絡み事故の減少などで、一気に死亡者数が減ったが、ここ数年で最多を記録した47人(09、10年)に迫る。