自由と人権を尊重する民主主義の国アメリカが全体主義へ姿を変えたのは、わずか12年前のことだ。  2001年9月11日の米同時多発テロからわずか45日後。テロリズムを摘発するための「愛国者法」が成立した。