【宜野湾】佐喜真淳宜野湾市長は17日、米軍普天間飛行場の移設先について、「固定化を避けるために、あらゆる可能性を排除しない」と述べ、事実上県内移設を容認した。同日、沖縄タイムスなどの取材に答えた。  佐喜真氏は「今一番の問題は固定化だ」と強調。