【東京】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設へ向けた埋め立て承認申請の判断が迫る中、仲井真弘多知事は17日、政府に対し「沖縄政策協議会」の中で、普天間の「5年以内の運用停止と早期返還」や「牧港補給地区の7年以内全面返還」「地位協定改定」「オスプレイの県外配備」を要求した。