【名護】来年1月19日の名護市長選の投開票まで1カ月となった。これまでに出馬を表明している現職の稲嶺進氏(68)=社民、共産、社大、生活推薦、前市長の島袋吉和氏(67)、県議の末松文信氏(65)=自民推薦=が米軍普天間飛行場の移設問題の姿勢や政策を訴え、激しい前哨戦を繰り広げている。