個人のホームページやブログ記事に企業の広告を掲載し収入を得る「アフィリエイト」で活躍するブロガーが沖縄県内にいる。沖縄県うるま市の比嘉研仁さん(30)は6年前に立ち上げた自身のブログ「higashisa.com」に子育てや趣味のサーフィンなどの話題を投稿し、月60万円以上の収入を得ているという。ことし9月にはアフィリエイトの入門書も出版。アマゾンのブログ・SNS部門で新着ベストセラーに選ばれ、発売2週間で重版が決まった。(中部報道部・比嘉太一)

「アフェリエイトの魅力に触れてほしい」と語る比嘉研仁さん

独学で技術

 大学卒業後に入社した東京都の不動産会社が2008年、リーマンショックの影響で突然倒産した。入社してわずか半年の出来事だった。「社会のことをよく分からない中で仕事を失った。ショックは大きかった」と振り返る。 

 職を探したが見つからず、アルバイトで食いつないでいた時期も。そんな時、目に留まったのがブログに企業の商品などの広告を掲載して収入を得るアフィリエイトだった。

 大学の卒業論文でネット通販大手「アマゾン」や検索エンジンサイト「グーグル」をテーマに研究しており、アフィリエイトについての知識はあった。独学で技術を磨き11年ごろには安定して収入を得られるようになった。

月間50万PV

 12年には非常勤で働いていた職場を退職。独立してブログ「higashisa.com」を開設。今では月間50万PVも閲覧されているサイトにまで成長した。

 ブログは、自身が好きなカメラについて消費者目線で記事を書いたり、写真の撮り方などを詳しく紹介している。

 ブログの人気テーマは「沖縄の公園レポート」。2児の父親でもある比嘉さんが子どもたちと県内の公園で遊んで体験したことや遊具の紹介、公園の立地などを投稿している。

入門書も出版

 ことし9月には「アフィリエイト稼ぐ力をつけるための教科書」を共著で出版。沖縄市の創業支援拠点「スタートアップカフェコザ」で講話を開くなど活躍は広がっている。

 比嘉さんは「沖縄は全国と比べて所得が低いが、パソコンやネットを使って誰でも稼ぐ力を身に付けることができる。少しでも多くの人たちがアフィリエイトの魅力に触れてほしい」と話した。

ブログで簡単!  アフィリエイト 稼ぐ力をつけるための教科書
比嘉 研仁 染谷 昌利
ソシム
売り上げランキング: 897