美術家・映像作家の山城知佳子さんが世界各地で評価されている映像作品「土の人」を舞台化した。10〜11月に開催された「KYOTO EXPERIMENT2018 京都国際舞台芸術祭」で、新作ライブパフォーマンス「あなたをくぐり抜けて−海底(うみぞこ)でなびく 土底(つちぞこ)でひびく あなたのカラダを くぐり抜けて−」が上演された。沖縄戦の継承をどう表現するか模索する山城さん。視覚、聴覚、触覚と身体感覚を刺激する新たな展開を、ジャンルを越境する表現者たちとつくり上げた。

「繰り返して見ることができる映像ではなく、1度しかないライブパフォーマンスでの表現も必要と考えた」と話す山城知佳子さん=那覇市・沖縄タイムス社

山城知佳子『あなたをくぐり抜けて−海底でなびく 土底でひびく あなたのカラダを くぐり抜けて−』2018=京都芸術センター(前谷開撮影)

「繰り返して見ることができる映像ではなく、1度しかないライブパフォーマンスでの表現も必要と考えた」と話す山城知佳子さん=那覇市・沖縄タイムス社 山城知佳子『あなたをくぐり抜けて−海底でなびく 土底でひびく あなたのカラダを くぐり抜けて−』2018=京都芸術センター(前谷開撮影)

 会場は天井から壁を覆う巨大なスクリーンが掛かり、観客は床に座って鑑賞する。上演が始まるとリビングを模した舞台には机とソファがあり、テレビは安倍・トランプ会談の様子を映す。机の上には故翁長雄志氏の県民葬を報じる新聞があるが、ソファでくつろぐ役者2人はスマホをさわり関心がない様子だ。

 そんな舞台と舞台を見る観客の様子を、別の男性がビデオカメラで映し、その会場のリアルタイムの映像も天井のスクリーンに投影される。見る側だった観客は見られる側にもなり、いや応なく舞台に巻き込まれていく。

 突如サイレンが鳴ると、スクリーンには現代の街と73年前の沖縄戦の映像が映る。次第に銃撃音や爆撃機のプロペラ音、爆弾が投下される音が襲う。音はすべて「ヒューマンビートボックスアーティスト」が自らの口から発する生身の声だが、サブウーファーのスピーカーを通した重低音が会場を激しく振動させる。

 銃撃音は次第にDJが演奏を始めた音楽と重なり、ゲームの電子音のような軽い音も。銃を持って戦争ごっこを楽しむ幼児の映像も映り、目前にあるのが過去の戦争なのか、近未来に起こりうる戦争なのか混在したような空間に。

 音がやむと、スクリーンの裏から、白い服をまとった40人が息を深く吐きながら出てくる。そして次々と舞台から転げ落ちる。白い服の人間たちは重い足取りで会場を徘徊(はいかい)するが、観客と観客の間に倒れ込んで体を微動させ、動かなくなる。しばらくして生存者のような数人だけがゆっくり立ちあがり戦場体験を口々につぶやく。同じく白い服の県出身ラッパーTokiii(トーキー)さんが沖縄戦の体験者から聞いた証言を基に創作した詩をラップで刻む。

 一つの空間で同時多発的に多様な演出が展開される中、観客は死体のような人々に囲まれながらの鑑賞が続く。ヒューマンビートボックスにDJ、ラッパー、サウンドデザイナーはともに日本屈指の表現者たち。白い服の40人も役者や舞踏家、クラシックの音楽家などさまざまな才能が混じり合う。演出した山城さん自身「誰の作品になったのか分からないほど」と形容するほどだ。

 昨年、沖縄で演劇塾にも通った山城さん。「ドラマトゥルク」という「演出家の相談役」として演劇界で注目されている役職も置いて、専門家の野村政之さんに依頼した。山城さんと野村さんは「誰も沖縄戦を経験していない中、どういうことが継承可能なのか」と対話を重ねた。

 山城さんは「今回の舞台は沖縄戦はこうでした、と提示するものでも証言の再現でもない」と断じる。一方で、そういう沖縄の歴史や現状をどう伝えるかに腐心したという。「想像に現在性を持ち込むため、少し可能性を広げられた気がする」と手応えを語った。(学芸部・吉田伸)