米軍普天間飛行場の返還問題をめぐり、仲井真弘多知事は20日午前、名護市辺野古の公有水面埋め立て申請への対応について、不承認を含めあらゆるケースを想定するよう県幹部に指示していたことが分かった。関係者が明らかにした。