海洋博公園に近いホテル「センチュリオンリゾートヴィンテージ沖縄美ら海」の別館が12月3日にオープンする。28日に内覧会があり、本部町関係者が見学した。

広々としたつくりの「エメラルドテラススイート」=28日、本部町石川

 別館の客室数は26室で、そのうち本館にはないスイートルーム仕様が10室。50平方メートルのスイート仕様の部屋にはキングサイズのベッドを用意。広々とした空間でくつろげるつくりとなっている。

 価格は1室当たり約2万円から(シーズン中は約6万円から)。利用は2~6人。

 同ホテルの高橋郁営業本部長は「別館の部屋は本館よりひと回り大きく、グレードを上げている。ひと味違う空間を堪能してほしい」と話した。