【平安名純代・米国特約記者】米疾病管理予防センター(CDC)の調査で、ノースカロライナ州キャンプ・レジューン海兵隊基地で起きた水質汚染で、神経管閉鎖障害や小児がんが増加していたことが21日までに分かった。